2012年07月30日

ブック中のクリーチャー枚数

ブック中にクリーチャーを何枚入れるかというのは割と根本的な問題ですが、なかなかうまい答えが見つかりません。
今のところ、マップはチョイスとして
火…21枚ぐらい(シャラザード入り)
水…20枚ぐらい(ブラッドプリン2枚程度)
地…22枚ぐらい
風…19枚ぐらい

こんな感覚でやっています。アイドルやリビングシールド(ソード、スピア)を入れるときは1,2枚増えることもあります。上の表よりもたくさんクリーチャーがほしい!という方は、クリーチャーのコストを重すぎないようにするかスペル部分で収入を増やさないと場合によってはブックが回らなくなるかもしれません。でも、今作では周回ボーナスが大きいから案外何とかなったりするのかも。

この辺りは確固たる自信があるわけではなく、経験と感覚的に「こんなものかなあ」という程度だったりするわけです。「なぜこのぐらいの枚数が良いか」というのを理解するために、クリーチャー10枚程度からブックを作ってみて何故ダメなのか、あるいは少なくてもいけるのかどうかを検討し始めているところです。クリーチャーをたくさん配置してボーナスもがっぽり、というのもいいかなと思いました。それでも、終盤でクリーチャーが要る場面というのは少ない(あっても、ピンポイントで特定のクリーチャーがほしい)ので25枚以上が適正ということは多分ありません。理想はクリーチャーあと2枚ほど減らして、減った分はフォーサイトやプロフェシーのドローサポートで補助することだと思うのですが・・・初期魔力が少ないマップだと、ドローサポートのコストが馬鹿にならなかったりするんですよね。なので今のところクリーチャー多めで進めています。


ランキングはその後2連勝、1敗して4人戦13戦11勝となりました。最後は初めて使われたボーテックスを失念して負けましたが、その前に2回ほどチャンスを逃しているので負けて当然でした。
そろそろチョイスは離れてアトラ同盟戦をするか、もっと変わったブックで挑戦するかになると思います。
posted by M7 at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 考察

2012年07月29日

勝つためのポイント

ランキング#2のチョイス、4人戦は10戦して9勝でした。
負けたゲームの反省点は、ホーリーワード6を使ってレベル4にはめようとしたら相手がホーリーワード8を持っていたこと。このぐらいのミスは度々します(というか相手の手札覚えきれません)が、シビアな戦いになるとこういうところが差になってくるんですよね。もっとも、このゲームでは一人勝負度外視で侵略してきた人がいたのと、一人が即AI化したのでいろいろ問題がある場ではあったのですが…
逆に、7〜9戦目あたりは勝ったとはいえ漁夫の利、素ダイスに頼ったラッキーな勝利でした。運は重要ですね。プレイはその運を最大限活かすためにがんばるものと考えたいです。いくら運が良くても、それだけではなかなか勝ちきれませんから。


勝つためのポイント。
ランキングをやっていて一番もったいないなあ…と思うのは、「どうやったら勝てるのか」が見えていない人が多いことです。個々のカードの能力は覚えている。魔力の伸ばし方も連鎖の取り方もいい。でも勝ちきれないのは、最終形が見えていないというのがありそうです。
端的に言ってしまえば、チョイスは5連鎖を作って(4連鎖でも可)レベル5を2つ作って城に飛び込めばゴールです。土地価値によってはレベル5とレベル4でもOKです。

例えば、自分が風を使っていたとします。相手は風、水、地だとします。場にはテングフュージョンが見えます。バジリスクが見えなければ、自分が安全にレベルを上げやすい拠点はガルーダですね。最初のレベル5は割と長く場にさらされるので安定拠点を作ります。場が順調に推移した場合、中盤以降はスピード勝負になりがちです。このときは、拠点をガルーダにしぼりません。ニュートラクロークとカウンターシールドがあれば大体の攻撃には耐えられるので、レベル上げ→即城へ帰れる状況を作ります。もし場に障害がある場合、その障害が除去される(除去する)かタイミングが噛み合うまで待ちます。場合によってはギャンブルも必要ですが。
普通に自分を伸ばす例を書きましたが、別に「レベル5を奪ってインフルエンスして(ランドトランスで土地を売って)勝つ」でも「レベル5を1つ作ってそこを踏ませて勝つ」でも良いわけです。つまり、どうやったら7000Gに到達して城に戻れるか、ですね。それ以外の要素は優先順位が低くなるので、無駄な侵略や土地取りに苦労しなくて済むわけです。漠然と総魔力を伸ばすことだけを考えて、最後の詰め、城帰還勝負で負けたりすることはありませんか?

重要土地の取り合い、下準備なんかももちろん大切なのですが、ゴールまでに必要な行為は何か、ということが明確になれば勝率も上がるのではないかと思います。
posted by M7 at 07:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 攻略

2012年07月27日

レベルアップステージ・続き

レベルアップステージ・続き

インターネット対戦をするまとまった時間が取れないのでオフでレベルアップステージをやっています。預言者の神殿が終わり、もうすぐラビドも終わるところ。
マップが広くなり護符が変えるようになると、ある程度普通にやっていても勝てるので気が楽です。少し前に初期4マップの攻略法を書きましたが、同じようにやればクリアできると思います。(とはいえ、シリーズ初の人にはハードルが高そうですが…後のマップほどレベルアップステージが楽なのは確かです。護符買ってレベル上げれば終わるので。)
パーソナルポイントは31660ptsになりました。

オンの方は、同盟戦が終わってしまいましたね。やりたいと思っていたのですが、碌にオンにもつなげず終わってしまいました。次の機会では遊んでみたいです。


カード考察?うーん…スプライトはコストの割にすごく強い!(笑)
昨日のチョイス地属性考察には書けませんでしたが、アースアムルがあるとだいぶ違います。アイテムがないと守れないというのが何ともですが、安易な連鎖削りの抑止力になるのは強そうです。
あと、エグザイル対策はある程度考えておいた方がいいかなとか思っています。
posted by M7 at 06:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記